《美容情報》顎の整形術で理想的な形を作れる

理想的な小顔を実現することが出来るかどうかは、実は顔の輪郭というのが大きな影響を与えることになります。
今では一般的に行われていますがこの顎の美容整形の歴史は古く、1970年代から日本では実施されています。

 

少し前までまだ手術設備も十分に整っていなく、また手術の時に行われる全身麻酔による身体へのダメージがありました。
ほとんど傷跡を残すこと無く顎の美容整形が可能で、今では多くの方が自分の理想を叶えているのです。

 

現在では、肝心のあごの整形手術に必ず必要となってくる骨きりの技術も飛躍的に向上しているので安心して受けられます。
あごの形やバランスをその結果、個々が望む理想を実現させることが出来るのです。



《美容情報》顎の整形術で理想的な形を作れるブログ:190211

ボクは、減量のために食事にも気を付けて、
運動も頑張っていたんですが、ぎっくり腰になってしまいました。

ぎっくり腰の治療中はほとんど動けませんから、
当然運動などはできません。
ひたすらジーっと布団で横になり、痛みが引くのを待つしかありません。

で、どういうわけか
食事の減量までお休みしてしまいました。

本来「ぎっくり腰で運動ができない」ことと
「減量」は関係ありません。
ましてや「ぎっくり腰」と「食事」なんてまったく無関係です。

でも人間心理として
「ぎっくり腰で運動できない」=「減量できない」
と考えてしまい、その結果
「食事の減量もやめてしまう」
という図式になってしまったんですね。

やがて、ぎっくり腰が治って、ふと鏡を見ると、
そこにはでっぷりとお腹の出た自分が…
そして体重計に乗ると…

あれだけ食事と運動に頑張っていたのに、
たった1回ぎっくり腰になっただけで、すっかり冷めてしまい
減量をやめてしまったのです。

そして最後に一言。
「あー、減量なんてしていたからぎっくり腰になったんだ」
とか
「減量なんてからだを壊すだけだから無理しないようにしよう」
「やっぱりボクは減量なんてできない人間なんだ」
などなど、こんな風に論理が飛躍し、
せっかく頑張っていた苦労を無に吹き飛ばすだけでなく
2度と減量をやらないように
自分で自分を方向づけてしまうんですよね。

そもそも、減量していたから
ぎっくり腰になるなんてことはありえません。

まったく無関係なのに、なぜか責任を減量に押し付けてしまい、
せっかくのチャンスを、
たかがぎっくり腰一つで吹き飛ばしてしまったのです!