ここでは審美歯科に関する情報をご案内しています。
《美容情報》歯の美しさを求めている人に人気の審美歯科

《美容情報》歯の美しさを求めている人に人気の審美歯科



《美容情報》歯の美しさを求めている人に人気の審美歯科ブログ:160515


夕方食後、数時間経って、
寝る前にトレーニングするのは、減量には逆効果です。

もちろん、
トレーニングすることによってカロリーが消費されますから、
トレーニング後何も食べないのであれば
理論上、痩せる可能性はあります。

しかし、これはそもそも、
「減量しなければならないほど太っている人が持つ食欲」
を無視したやり方です。

なぜなら、
寝る前にトレーニングすると
交感神経が刺激されてしまい目が覚めてしまうことと、
トレーニングによる空腹感によって、
夜中に空腹を満たすため食べてしまうという
減量にとっては
最悪の事態を起こしてしまう可能性がかなりあります。

数日ならば寝る前にトレーニングしても
何も食べずに過ごせるかもしれませんが、
そんな苦行のような減量はいずれ破綻し、
ストレスによって暴飲暴食をしてしまう日がいつか来ます。

皆様は、こんな経験がありませんか?
トレーニングした後、寝ようとしても寝られず、
夜中に起きだして味噌ラーメンを作ってしまったり、
コンビニにお菓子を買いに行ったり…

減量中は、
夜中に食べるのは厳禁だとわかっていても、
食べてしまう…そしてまた太る…

「寝る前にトレーニングしたら痩せる」という方法論に
食欲の概念が無視されているために起る悲劇ですね。

減量の基本が食欲の抑制であると考えるなら、
夕方食をとってから数時間後、
寝る前のトレーニングは行ってはいけないのです!

「寝る前にトレーニングなどせず、お腹が減ってくる前に寝る」
これを心がけることが必要なんです。

この食欲を抑える減量方法を続けていると、
自然に早寝早起きになってきますよ。
《美容情報》歯の美しさを求めている人に人気の審美歯科

《美容情報》歯の美しさを求めている人に人気の審美歯科

★メニュー

《美容情報》下肢静脈瘤は早期発見と治療が必要
《美容情報》おすすめの大阪の美容外科で安心安全の脂肪吸引
《美容情報》不妊の治療は働きながら可能
《美容情報》輪郭に対してのフェイスリフトでアンチエンジング
《美容情報》今男性に人気のひげの脱毛なら美容クリニック
《美容情報》目頭切開法の確実性は高い!オススメの二重手術
《美容情報》歯の美しさを求めている人に人気の審美歯科
《美容情報》顎の整形術で理想的な形を作れる
《美容情報》コンプレックス解消のためにワキガの治療
《美容情報》シミレーザーなら皮膚の若返りを実現する


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これで悩みを完璧解消!美容整形クラブ