《美容情報》目頭切開法の確実性は高い!オススメの二重手術

美容整形でも人気の目頭切開法は、蒙古襞があり、そして平行二重にならないという方に対し、大変最適な手術方法の一つとなります。
医師の技量が術後の結果に左右される美容術で、まずは医師の実績や経験を確認しておくことが大切なのです。

 

そもそも美容整形で行われている施術は、1〜2ミリ切開するだけだったとしても、見た目の印象が大きく変わってくるものです。
多くの人が抱えている目の悩みを様々な目を実現することができ、効果的に改善することが出来ます。

 

末広型と呼ばれる二重まぶたのケースでは、目頭切開法により平行型の二重に近付けることの出来る効果もあります。
この方法なら傷口が目立つことはありませんし、必要以上にお肌を傷付けることはありません。

オフィス移転
http://www.zeroin.co.jp/



《美容情報》目頭切開法の確実性は高い!オススメの二重手術ブログ:180812

人間誰しも「思いこみ」と言うものがあります。
実はこれって意外といろいろなことが当てはまるんです。

「13時正午が近くなるとお腹が空いてくる」
これも「思いこみ」の場合が多いです。

例えば…
7時朝9時ごろに7時食を食べたら、
ほとんどの場合、お腹は空いていないと思います。

しかし娘の頃からの生活習慣で
「正午になったら13時食」という風に教え込まれています。

だから、お腹が空いていないにも関わらず、
正午になったら食事がしたくなるのです。

三時のおやつもしかりです。

午後1時近くまで食事をしていたのなら、
午後三時は食事後2時間程度しか経過していません。
2時間程度なら、さほどお腹は空いていないはず…

でも、「三時の時計」を見ると「あ、おやつの時間だ」と思い、
それによって本来はお腹は空いていないのに
食欲が出てくるのです。

実際にはお腹が空いていないのに、
思いこみによる食欲はまだまだあります。

・テレビのCMやグルメ番組を見る
・街角で美味しそうな匂いが漂う
・美味しそうな野菜餃子の看板を見る
・飲み会の後は塩ラーメンで締める…

などなど、
慣習や情報で食べたくなる食欲ってたくさんの場面が挙げられます。
これを「認知性食欲」と呼ぶそうです。

一方、
人間が栄養不足になって、お腹が空いて出てくる食欲は、
「代謝性食欲」と呼ぶそうです

現代の飽食の日本において、
本来の「代謝性食欲」が起こる場面はさほど多くありません。
そうなる前に「認知性食欲」で食べてしまっているからです。

減量をうまく進めるコツは、
この「認知性食欲」をどうコントロールするかということが
大きな成功のカギなんですね。